マタニティ アウター

春にも使えるジャケット

私は現在妊娠7か月の妊婦です。妊娠6か月目になったので先月会社を円満退職しました。
「出産後も落ち着いたら復職OKだから」と上司に言われたけど、何か違うパートでもしようと思っています。
初めての出産なのでどうなるかわからないし…

 

でね、しばらく旅行というか遊びに行けないと思うので、妊婦で最後の某テーマパーク(ディズ〇〇)に行こう!って旦那と話しました。
今はまだそこまでおなかも出てないし、この後は無事出産できても赤ちゃん小さいしお出かけとか厳しいと思うので今のうちにというやつ(^.^)
ちょうどハロウイン時期だしイベントもあるし楽しめるかなと。。。
ただよく考えたら秋冬服のアウターってユニクロのダウンジャケットしかないし、写真撮るからおしゃれなアウターで記念に残したいじゃない。
あとから写真見て「うわ!ダサ」って恥かしい思いしたくないし…って思って私のお姉さんにアウターを借りに行ってきました。
うちの姉は東京に住んでいたので服装がおしゃれなんです。おまけに数年前に出産してマタニティウェアもおしゃれなのたくさん持っていたはず!
と思ったら、マタニティウェア全部フリマに出店して売っちゃったんんだって(ショック)

 

だけどね、姉からいい情報をゲット!姉もマタニティウェアは東京で買ったんじゃなくてマタニティ専門通販ショップで揃えたようです。
「つわりひどかったから妊婦の身で外出して無理だべ〜」って言ってた(^-^;確かに
で、教えてもらったマタニティ専門店をスマホでチェックしたんだけど、いやぁ〜すんばらしい(*^。^*)
アウターにしてもインナーにしてもマタニティ関連が全部そろっているんですね、すごいです。ネット通販最高!!
お呼ばれされたときのドレスとかワンピース、かわいい授乳服まであります。
私はいつもは13号なんだけど妊婦になったらおなかも出てくるので大きめのサイズを買いました。
あ、アウターはお尻まで隠れるモッズダウンコートとストレッチ素材の暖ったかマタニティパンツ、寒いとヤバいのでモコモコ素材の授乳ワンピースを購入しました。これなら春にもローテーションで着こなせると思って。

 

正直ね、マタニティの服装って近所の店で揃えてたのでちょっとショックでした。
家に居ながらいろいろ選べるって妊婦には助かります。
もしかして、私のほかにもマタニティ服をどこで買ったらいいのか悩んでいるママさんもいるかもしれないと思って、下におすすめショップを書きました。参考になれば私も嬉しいです(*^^)v

 

スウィートマミー



マタニティのアウター服ならまずこのショップをチェックでしょうね。値段も安いし7000円以上で送料無料になるのでお得です。
通販だといつ来るのか不安だったけど、こちらは平日だと15時で土日祝日だと13時までに注文すると当日発送してくれます。今すぐ欲しいとか急ぎなら家に届くのが早いのでおすすめ。それに通販でも土日祝日発送してくるのってこのマタニティなら店だけです。

 

>>スウィートマミーの公式通販サイトはこちら

 

ミルクティー



私は急ぎじゃなかったのでこのショップでアウター服は買いました。ママポンチョとかまだまだかわいい服があるんですよね〜
20代の妊婦さんをターゲットにしているのかデザインがおしゃれで色使いが若干派手です。
ちなみに冷え性なんで裏起毛のマタニティータイツもこの店でリピしましたよ。某ヒートテックより暖かいし足が細く見えるのでラッキーでした。

 

>>ミルクティーの公式通販サイトはこちら

 

エンジェリーベ



マタニティウェアの総合ショップならここがおすすめです。たぶん正直妊婦グッズ何でもそろっています。
私もここで妊娠線予防クリーム買いました。服と一緒にコスメまで、、、買い物楽です。
あとはボーダー柄の服が多いので基本私は好きです。ボーダーのパジャマもゲットしました。
ショップ内で検索してみるとわかるけどアウターもコートからあったかインナーまで150品くらい出てきますよ。

 

>>エンジェリーベの公式通販サイトはこちら

 

 

 

その後、無事出産できました!

妊娠してた時は、もちろんお腹に命を宿してる嬉しさはあったけど私の場合産まれるまではひたすら心配ばかりの日々でした。
元々心配症なので、妊娠してから無事に出産にこぎつけるまでがドキドキだったんです。
だから、毎回検診では小さめだと言われれば気になるし、超音波検査で何か分からないものが見えると言われたら落ち込むし、でした。
何か分からないものというのは、結局産まれても何だったのかわからず、私はもしや障害のある子なのかとか勝手に悩みました。
小さめなのは両親ともに痩せ型で小さめなので遺伝だと思ったけど、希望している助産院で産むにはあまり小さいとダメなのでそれもハラハラしてました。
出産予定日まであと何日か、その日数を数える毎日でした。
妊娠も8ヶ月になったらもし何かで今、赤ちゃんが出産になっても今の医療技術ならギリギリ生きられるとかそんなのばかり気にしてました。
だから、寝ているのか少しお腹の赤ちゃんの動きが少ないと不安になってしまい動いて欲しくて起こしてしまう事も度々あったんです。
赤ちゃんにはいい迷惑ですね。
赤ちゃんの推定体重があまり順調に大きくなってなくて泣いてしまう事もありました。
それは出産したら全然普通の大きさだったので、なんて推定体重って当てにならないのだろうと後で笑えたのですが、とにかくあれには惑わされたものです。
まあ冷静になってみると、あれはだって手や足の長さ、胴体のウエストサイズとかから算出してるのですから実際とは違うに決まってますよね。
でも、その計算では未熟児予定だった我が子は標準で生まれてきてくれました。
小さいのを覚悟して、取り上げてくれた助産院の助産師さんは最初の言葉が、なんだ普通の大きさじゃん、でしたから。
今となってはヤキモキしたのもいい思い出です。